→呼吸器内科ですから、喘息、COPDなどが疑われる方、長引く咳が主体の方が圧倒的に多いです。他の内科、耳鼻科等を受診して治らないので来院されるパターンが目立ちます

総合内科専門医ですので、基本的に内科全般の病気に対応可能です。例えば高血圧、高コレステロール血症(脂質異常症)、糖尿病、痛風(高尿酸血症)など生活習慣病の管理にも力を入れています。胃腸炎、貧血、花粉症、蓄膿症などの方も良く来院されます。
勿論専門医を所持している呼吸器疾患(喘息(ぜんそく)、COPD(肺気腫)、禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群(いびき外来)など)や感染症が最も得意とするところですが、それ以外でも最新の情報について日々研鑽を積んでおります。クリニックの名称を呼吸器内科でなく内科クリニックとしたのは、専門に特化しすぎず、まずは一内科医として全人的な診断・治療に当たるという意思表示です。これは所属する医局の理念でもあります。
上に挙げた疾患で以外では、場合により例えば他の病院などと連携しつつ非結核性抗酸菌症、間質性肺炎、肺癌、慢性心不全、狭心症、陳旧性心筋梗塞、甲状腺機能低下症、原発性胆汁性肝硬変、前頭側頭葉変性症、レビー小体型認知症などを診ています。皮膚の症状主体の方は、皮膚科専門医(リンクは早良区の専門医)の受診をお勧め致します。

血液検査全般(白血球、貧血検査、炎症の程度を示すCRP、糖尿病のHbA1c、血糖値)は すぐに結果が出ます。検尿、肺機能検査(スパイロ)、レントゲン(胸部、腹部、副鼻腔など)、 心電図、血管年齢、エコー(頸動脈、腹部など)、マイコプラズマ、アデノウイルス、溶連菌などの 迅速検査に対応しています。胃カメラ、大腸カメラ、胃透視、心エコーは未対応です

Load More